ごとうなしえん


お客様から頂くよくあるご質問

Q0
大きさで味は違うの?
A0

「変わりません」・・・と言いたいところですが、「大きいほど美味しい」とよくお客様に言われます。「大きいのを食べていたら小さいのは食べられない」とまでいう方もいらっしゃいます。
確かに私どもが食べても、大きい梨でまずいのに当たる確立は少ないですね。小さいものは当たり外れがあるようです。

初めてのお客様は、試しに値段的にも安い小さいサイズのをお求めの方が多いようですが、大きめの4L以上のサイズで味見していただきたいなというのが希望です。

   
Q1
どうして後藤の梨はおいしいの?
A1

く聞かれるんです。が実は、これと言った答えはないのです。
考えられることは次のとおりです。

@ ジベレリン等の成長促進剤を使っていない。(果肉がスカスカするような気がして、使ってません。)
A 青取りをせず、 ほどよく熟れたものを収穫している。
B とにかく新しい。直売所に午後来ると、朝収穫された梨が並んでいる。通販は、当日収穫したものを発送している。
C 梨に良い土地に恵まれた。
D お客さんがおべっかを言っている。
   
Q2
どのくらい日持ちするの?保管方法は?
A2


これは、環境で、大きく変わります。
一番いいのは冷蔵庫につぶれない様にいれておくこと。
でなければ、なるべく乾いた涼しい場所で。

よくないのは、高温多湿の場所で、ひどいときは数日で痛みます。
上手に保管されてるお客様で、9月の梨をお正月に食べられる方もいらっしゃいます。(すごいですね!)

    日持ちの目安  

冷蔵庫  20日前後
涼しい場所  7日前後
高温多湿の場所  2〜3日


★上記は、2002年9月、豊水梨を徳島⇒静岡に宅急便(普通便)で送り保管方法の違いによるテストをした結果です。が、上記の日数はあくまで目安です。保障日数ではありませんので、なるべくお早めにお召し上がり下さい。

 
Q3

1箱で数個、芯が腐っているのがあった

皮をむくと果肉が黒ずんで腐っているように見えるのがあった。

A3


到着後早目に冷蔵庫に保管していただきいましたでしょうか?
もしそうなら申し訳ございません。すぐに代替品を送らせていただくか弁償させていただきます。
毎年数件あるのですが、理由はいくつか考えられます。


@ 幸水梨の「芯腐れ症」
お届け時にトレイに梨の汁がたっまていたり、梨を2つに割ると芯が腐っていたりするものがあります。
幸水梨は、日持ちしにくく、木上でも芯が腐ってくるものがあります。 原因は、樹勢の低下等により『胴枯れ病菌』と呼ばれる菌等に果実が感染してしまった為です。
当然高温多湿で発症しますし悪化しますので、届いたらなるべく早めに冷蔵庫で保管してください。

選別時に判別できる物は当然販売しませんが、いかんせん果実の内部のことなので分かりにくく、ご迷惑をおかけしてしまう場合がございます。そんな場合は遠慮なくご連絡ください。


A 豊水梨の「蜜症」
あまり知られておりませんが、豊水梨はリンゴとおなじように蜜が入ります。
果肉が半透明になり、「腐っている」と勘違いされます。
歯ごたえがなくなり、梨らしくありません。皮が薄くなるので確かに腐りやすくなりますが、腐ってなければ食べられますし、その名のとおりたいへん甘いです。
当園の場合、よく熟れてから収穫していますので蜜が入りやすくなります。
当園の豊水梨のおいしさは、この蜜症と表裏一体のようで、選別にはとても苦労しています。
これも外観では非常に判別しにくい上、時間の経過とともに翌日や翌々日に発症するものも多いので、ひどい場合は遠慮なくご連絡くださいませ。

↓はっきりと黒ずんでいる物(左)と、表層部が少し半透明化している物(右)

 

B 輪紋病
梨の表面が輪紋状に腐っていく梨の病気です。人間には移りません。
当園はぎりぎりまで消毒を減らしていますので、年によっては多い年があります。
これも収穫発送時には健全でも皮に菌が付着していると1〜2日で驚くほど広がります。
冷蔵庫に入れていただくと発病&進行をほぼ完全に抑えられます。
到着時に何個も発病しているようなら遠慮なくご連絡くださいませ。

C 運送中のトラック内等において、高温多湿で痛んだ。
一度冷蔵したものを常温で保管すると痛みが早くなりますので、原則として幸水梨と遠隔地以外はクール便は使っておりません。
健全部分は食べられます。

D 運送中の物損による怪我。


今後の参考とさせていただきますので、どのような状態だったかを詳しくお知らせください。
また、着払いのクール便にて返品をお願いする場合もございます。

   
Q4
梨も置いておくと熟れてきますか?
A4
たしかに、少しずつ熟れてきますし、蜜が回って甘くなるようです。
しかし、水分が少なくなって舌ざわりが落ちますし、気をつけないと腐るので、当園では早めに食べてしまうことをお薦めしています。
   

 

農作業に関するご質問等があればお気軽に「お問い合わせ」ください。分かる範囲のことは何でもお答えいたします。  メール: (JavaScriptがOffになっていますとと、 メールアドレスが表示されません。)

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.