ごとうなしえん


社会科見学

見学と質問

2003年10月22日(晴れ)藍住南小学校 3年生児童のうち梨の見学グループ11名 が社会科見学で当園にやってきました。

梨の収穫も終わっており、子供達はあまりおもしろくなかったかもしれませんが、前日の雨もすっかりあがり、好天に恵まれて見学日和となりました。こどもたちの質問はユニークで、とても楽しかったので、いくつかご紹介します。

 


偉そうに梨のことを話す園主
 

熱心にメモをとるこども達

Q1)いつ頃なし作りを始めましたか?

A1)おっちゃんのお父さんが約30年前、1970年頃始めました。

Q2)仕事をするときの服装は?

A2)こんな格好です(写真)。汚れても良くて動きやすい格好。靴は地下足袋といって土が入りにくく、底の薄い土の上で作業がしやすい物をはきます。

Q3)どんな気持ちで作っていますか?

A3)いっぱいなぁ〜れ。大きくなぁ」〜れ。おいしくなぁ〜れ。・・・という気持ち。

Q4)なしができるまでに何年かかりましたか?

A4)苗木を植えて5年ほどで実がとれます。

Q5)なしの中に、何で甘い汁ができるのか?

A5)適度な水、太陽、養分がそろっていること。夏が暑くて、昼間と夜の気温の差が激しいこと。が、甘くなる条件です。なしの甘みの素はショ糖といいます。条件がそろうと、ショ糖がたくさんできます。あと、むかしむかしの梨は渋くて、炊いて食べていたそうです。長十郎や二十世紀のように突然変異でおいしい梨ができたり、今は品種改良で甘い梨を作ろうと研究がされています。人間がおいしい梨をほしがっていったので、いまのような梨があります。

Q6)一年で何個ぐらいできますか?

A6)一本の木に平均150個ほどならします。650本あるので97500個です。
計算してみて自分でもびっくり。

Q7)おじさんの苦労はなんですか?

A7)う〜ん、一番は消毒かな。ばいきんや虫を殺す薬なので、人間にもよくありません。で、消毒をするときはご近所の家に「いまから消毒するので、戸を閉めて洗濯物をしまってください。」とお願いに行きます。

お礼

子供達が尋ねてきたなんてぇことをすっかり忘れていた2004年3月8日、担任の先生と生徒代表2名が再びやってきました。
「授業の時間割の関係ですっかり遅くなったんですが、やっと発表がこの前終わったんです。」
ということで、モゾウシに梨のことを書いてクラスで発表したときの写真と、梨調査グループひとりひとりの当園へのお手紙と、菓子折りとをいただきました。
ちょっと見学と質問に答えただけで、わざわざ そこまでしていただいて、何だか恐縮でした。
かわいくておかしいのは、小学3年生の子が菓子折りを渡してくれる時に、「つまらないものですが・・・」と言ったこと。先生に指導されてのことでしょうが、とてもほほえましかったです。

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.