後藤のニンジン


春ニンジンのできるまで

徳島の春ニンジンは、他の産地にない「トンネル栽培」という方法で作ります。

これは本来秋冬の物であるニンジンを春に採ろうとするためですが、田の裏作だったということもあり、大きな施設園芸は建てれないので、最初は小さな高さ50cmほどのビニルハウスでした。
その後技術の向上を経て、今のサイズの「トンネル」と呼ばれる高さ170cmほどのビニルハウスとなりました。

(肥ふり写真準備中)

← 

 秋、稲の収穫が終わるとすぐに耕してライムソワーという機械で畑全面に肥料をやります。
 トンネル栽培では生育途中での肥やりは原則しませんので、この施肥設計は大事になります。

                             →

十分耕した畑に、播種機(はしゅき)を後部に付けたトラクターで種をまいていきます。ニンジンの種は毛糸の切れ端のような形ですが、白く丸くコーティングされているので6〜8cmごとに一粒まいていけます。
写真の黄色いのが播種機で、トタクターが前進するだけで、土をかき分けて種を落とし、その上に土をかけて最後尾のローラーで押さえていくという優れものです。
当園では、8条を往復して16条で1トンネルを作っています。

播種
パイプ立て

←  

種まきが終わると写真の機械でパイプを1m間隔で立てていきます。運転手1人とパイプを穴に差していく人1〜2人で作業します。パイプは先端がオスとメスの2種類あって、結合できるようになっています。

→

パイプの骨組みができると、0.05mm厚の農ポリを張ります。風の強い日なんかは結構大変で、4人以上いないと無理です。
が、昔強風なのに夫婦しか手間がいなくて、小学生の娘の香保里に「重し」にのってもらってて、それでも足りずに肥の袋に土を入れて、「香保里2号」と名前を付けて、3人でヒャーヒャー叫び笑いながら仕上げたことがあって、今でも我が家の語り草になっています。

フィルム張り

寄せ

  

種をまいてから50〜60日後ほどして、本葉4〜5枚になったら株元に土をかけていく土寄せ作業をします。
ニンジンの肩に日光が当たって緑色になってしまうのを防ぐのと、土を動かして空気を入れてやるのが目的です。暑いトンネルの中で腰をかがめて作業するので重労働です。

→

土寄せが終わるころから、換気穴開を本格化して、葉の成長をそこそこに抑えて根の生長を促します。写真はビニールパンチャーと言って、円形状にサメの歯のようなギザギザのステンレスの歯が付いていて、押し当てるときれいな穴が開いていきます。黄緑色の腰に下げているのは抜き取ったビニールかすを入れる缶です。粉ミルクの空き缶によく焼けた炭を入れて焼き切っている農家もあります。 モデルは赤い長靴がキュートな美佐代さんです。
その昔は、3月下旬にトンネルを撤去していたようですが、ある年大雨に降られてたくさん腐ってからは、1mに15個も穴をあけても撤去はしなくなったとのことです。

換気穴あけ
堀機

←

種を播いてから4か月ほどしてほどよい大きさになったら収穫です。以前は全部手掘りでしたが、最近は、稲刈りのコンバインがヒントになってできたニンジン掘り取り機で収穫します。この機械は原則雨天では使えませんので、雨の日は収穫量が激減します。

畑の作業の続きは直売所のページに掲載

   

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.