後藤のニンジン

 

ここでは、当園のニンジン栽培の歴史を簡単にご紹介したいと思います。

ニンジンアイコン      

私、淳一郎が 物ごころついた時には今よりもずっと生活が苦しく、両親はお金儲けのためにいろんな作物を作っておりました。
覚えているのは、「おたくのスイカが盗まれているぞ」と近所のひとが教えてくれて、父母が夜中に飛び出していったこと(逃げられたみたいですが)。 きゅうりのオロの間でかくれんぼをしたこと。きゅうりとかの荒漬けをするコンクリート製のでっかいタンクに飛び込んで遊んだこと。れんこん畑に板を浮かべて船遊びをしたこと(れんこんは沼臭くて売り物にならなかったみたいです。)
他にとうもろこしも作ったり、葉物もいろいろ作ったりしたけどどれもパッとしなかったようで、父は近くの工場に勤めに行きだしました。

ニンジンアイコン      

そうこうするうちに、竹を使った小さなミニハウスで冬播きして春収穫できるニンジンの栽培をはじめました。
やりはじめたのは誰か、徳島県でもはっきりと把握できていないようですが、藍住町はその初期産地なことは確かで、なおかつ父曰く「藍住町でも最初の7〜8人のなかに入っとる。」とのことです。どうでもいいですが(笑)
それが40年ほど前のことです。
当時はろくな品質の物ではなかったようですが、何せ秋冬にしかなかったニンジンが4〜5月に市場に並ぶわけですから高く売れたようです。そうすると生産者もどんどん増え、藍住町が主産地となり、ついには徳島県が春ニンジンの販売量全国一にまでなっていきました。

品種も次々改良され、ニンジン特有のくさみの少ない、とても甘いものになり、春先にトンネルの中でやわらかく育ったとてもおいしいものになりました。
機械類もずいぶん立派なものになりました。当初は収穫はもちろん手作業ですし、洗うのも大きな桶にニンジンと水を入れ、木製のイモ洗い棒で泥を落としていました。今では掘り取り機で掘って、フレコンで水槽に入れたらオートメーションで重量選別までしてくれます。

ニンジンアイコン      

品種改良と機械化のおかげで大量生産が可能となった反面、価格はどんどん安くなってしまい、ここ10年ほどは作って損をするような状態が続いております。そこで当園も既存の市場流通以外の方法で販売してみようということになりました。幸い10年来の梨の直売の経験があります。お客様の求める選別レベルや品質が十分わかっておりますので、「買って損した」と言われないようなニンジンをお届けできる自信があります。

ニンジンアイコン      

 

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.