後藤のニンジン


お客様から頂くよくあるご質問

Q0
大きさで味は違うの?
A0

ほとんど変わりません。以前のニンジンは独特の臭みも強く、生育間もない小さいサイズの物が食べやすかったようですが、品種改良の結果、今では太く大きい物でもやわらかくて甘いですね。
以前、妻の祖母に350gもある3Lサイズの物を持っていったら「半本切ったら十分あるので料理が楽。味も変わらんし」と喜んでおりました。
大きさよりもよくないニンジンというのは、環境が悪くてトウが立っているもの(芯が白く竹のように堅くなっているもの)や、収穫遅れで色が薄黒かったり毛穴がはっきりと分かるようになってしまった物ですね。

   
Q1
どうして後藤のニンジンはおいしいの?
A1

後藤のニンジンがおいしいのではなくて、トンネル栽培をしている徳島の春ニンジンがおいしいのだと思います。
路地物の野菜は、自然の雨風にさらされて強くたくましく育ちます。野菜本来のおいしさは申し分ありませんが、ニンジンですとニンジン臭さの強いちょっと硬めの物になります。
一方簡易ハウス栽培(トンネル栽培)のニンジンは、悪く言えばもやしっこですが、甘味の凝縮されたやわらかくて食べやすいものとなります。
先日とある徳島市内の料理屋のご主人がとても甘いミニトマトを食べさせてくれて、「トマトの旬は夏やけんど、この甘味はハウス物の今しかできない。」とおっしゃっていました。・・・なっとく。

   
Q2
どのくらい日持ちするの?保管方法は?
A2

最近の冷蔵庫ですと1か月ほど、ほとんどお買い上げいただいたままの状態で保管できます。方法は、水分の蒸発を少なくするために、レジ袋等に入れて野菜室に入れておくだけです。
当園には古い中古の冷蔵庫もあるのですが、そちらに入れて保管したものは2週間ほどで変色しはじめました。

   
Q3
おいしいニンジンの見分け方ってありますか?
A3

・・・食べてみることです。ってちがうか。
まず、色が鮮やかなこと。両手で頭と先をつまんで曲げてみて曲がらないもの。・・・このようなニンジンは新鮮でおいしい可能性が高いです。

後、おいしいかどうかとは少し違いますが、よくないニンジンの例を挙げてみましょう。

1) 少しわかりにくいかもしれませんが、切り落とした葉の切り口の大半が白いアスパラガスを切ったようになっている物。(写真準備中)
これは日陰育ちだったり、収穫遅れだったりして、竹のような芯が入ってて食べられない可能性があります。ニンジンの肌はきれいなので、選別時に見落とされていることがけっこうあります。

2) 切り落とした葉の切り口から新芽が伸びてきている物。また、色が黒ずんできている物。
これは単純に収穫後の保管状態が良くない物です。たとえば5月の暖かい日に常温で一晩おくと黒ずんでくることもありますし、冷蔵庫でも適温でないと3日ほどで新芽がでてきます。食べるのにはあまり問題はありませんが、買う時にこの状態の物はさけたほうがよいでしょう。


当園でお買い求めいただいたニンジンに不良品がございましたら、どのような状態だったかを詳しくお知らせください。すぐに代替え品をご用意いたします。
また、着払いのクール便にて返品をお願いする場合もございます。

   

 

ニンジン農作業に関するご質問等があればお気軽に「お問い合わせ」ください。些細なことでも結構です。分かる範囲のことは何でもお答えいたします。  メール: (JavaScriptがOffになっていますとと、 メールアドレスが表示されません。)

 

 

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.