後藤のニンジン


平成29年産 ニンジン 防除記録
 

「食の安全」ということが最近特に注目されています。
当園は無農薬でも有機栽培でもありませんが、私たち自身が病弱なこともあり、農薬は安全使用基準を厳守し、なおかつ必要最小限にとどめております。

万一に備えて散布するのはお金も時間もないしね。だめだったら翌年初めて散布するようにしていいます。(笑)

このページでは、平成29年産のニンジンの防除記録を記入していきます。
病害虫防除は、地域性、圃場の環境等により大きく左右されます。ここに掲載しますのはあくまで「徳島県の藍住町のごっちゃんファームではこうしている。」ということで、ご理解ください。

※ 表中に日付のあるものは、その農薬を散布したということです。
  未記入のものはまだ散布していないものです。
  「-」印のものは、散布しなかったものです。
※ 散布量や農薬の説明は表の下に書いてあります。

畑名

(字名)

播種日 ユニフォーム ダイアジノン
10%粒剤

ロロックス水和剤&トレファノサイド乳剤

アミスターOPフロアブル スミレックス水和剤 ロロックス水和剤 セレクト乳剤 トリフミン水和剤 バスタ
土壌混和
殺菌剤
殺虫剤 除草剤
※1
殺菌剤 殺菌剤 対広葉
除草剤
※2
対細葉
除草剤
うどんこ
殺菌剤
畝間
除草剤
田中裏 11/4

11/3

11/4

11/6

-

12/26 12/26 - - 3/11
川端支流北 11/6 11/5 11/6 11/7 - 12/26 12/26 12/26 - 3/11
 〃 支流南 11/7 11/6 11/7 11/7 - 12/26 12/26 12/26 - 3/11
 〃 北岸 11/12 11/11 11/12 11/13 - 12/26 12/26 - - 3/11
義本乾 11/13 11/12 11/13 11/13 12/26 - 12/26 12/26 - 3/11
井本西 11/16

11/15

11/16 11/18 - - 1/11 - - 3/16
散髪前 11/18 11/17 11/18 11/18 - 1/27 1/27 - - 3/16
義本北 11/25 11/24 11/25 11/26 1/27 - 1/27 - - 3/11
田村小 11/25 11/25 11/25 11/26 - - 1/27 - - 3/11
かねえ 12/3 12/2 12/3 12/4 2/15 - 2/15 - - 4/3
12/7 12/6 12/7 12/9 2/7 - 2/7 2/7 - 4/3
ジュピター 12/9 12/8 12/9 12/11 - 2/4 2/4 - - 4/3
田中 12/11 12/10 12/11 12/12 - 2/6 2/6 2/6 - 4/3
かねとく前 2017/1/5 1/4 2017/1/5 1/6 - 3/1 3/1 3/1 3/30

 

井本南 1/12 1/11 1/12 1/13 - 3/11 3/11 - 4/1  
井本東 1/13 1/12 1/13 1/13 - 3/11 3/11 - 4/1  
杉内 1/17 1/16 1/17 1/19 - 3/11 3/11 3/11 3/30  
桃東 1/18 1/17 1/18 1/19 - 3/16 3/16 3/16 3/30  
数胴 1/19 1/18 1/19 1/20 - 3/16 3/16 3/16 3/30  
ダイナム 1/19 1/18 1/19 1/20 - 3/16 3/16 3/16

3/30

 

ユニフォーム: 播種直前に土壌混和して使う細粒状の殺菌剤で、ニンジンのシミ腐り対策に使います。12〜18kg/10a使用

ダイアジノン10%粒剤: ヨトウムシなどの殺虫剤で、播種後に土の上に降りかけておきます。効果は約1か月なので、生育初期の防除に使います。これを忘れるとせっかくでてきた葉っぱをみんな食べられて、ハウスだけが残ります。3kg/10a

ロロックス水和剤&トレファノサイド乳剤 ※1: ロロックスは広葉の草用、トレファノサイドは細葉の草用の除草剤です。これも播種後に土の上にかけておくと草の発芽を抑えたり、発芽したての草を枯らせます。 一度この時期の除草剤をやらないで育てようとしましたが、草のジャングルになってニンジンがそだちませんでした。
10a当り100リットルの水にロロックス100g, トレファノサイド200cc

アミスターOPフロアブル: 殺菌剤で、主に菌核病といって葉の付け根が腐ってしまう病気の予防に使います。メーカーにそそのかされてユニフォームを使った畑にセットで使いました。10a当り100リットルの水で1000倍です。

スミレックス水和剤: これも殺菌剤で、菌核病といって葉の付け根が腐ってしまう病気の予防に使います。10a当り100リットルの水で1500倍です。

ロロックス水和剤 ※2: 広い葉の草用除草剤です。ニンジンが本葉4〜5枚になってから散布します。※1だけでは抑えきれない畑に使います。ニンジンが生えてる上からかけるので10a当り100リットルの水にロロックス 80gです。

セレクト乳剤: 細い葉の草用除草剤です。ニンジンが本葉4〜5枚になってから散布します。これも※1のトレファノサイドだけでは抑えきれない畑に使います。10a当り100リットルの水に50ccです。

トリフミン水和剤: うどんこ病の予防です。12月下旬以降に播いた畑では収穫時にかなりの高温になっていますのでうどんこ病が付きやすく、葉が濡れたわかめのように枯れてなくなってしまいます。10a当り200リットルの水で3000倍です。

プリグロックスL:トンネルとトンネルの間の谷用の除草剤です。直接ニンジンにかけませんし、散布しなくてもニンジンは育ちますが、草林になりますと人間が作業できないので散布しています。100倍液を30〜50リットル/10a散布。今年は、「田村大」〜「散髪前」までこれを使いました。

ザクサ: プリグロックスLと同じ用途です。200倍液を30〜50リットル/10a散布。

バスタ: これもプリグロックスLと同じ用途です。200倍液を30〜50リットル/10a散布。

 

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.