後藤のニンジン

ここいら辺の紹介って言っても、特に自慢できるようなことも物もないのですが、まあどんな所で作られたニンジンなのかお知りになりたい方もいらっしゃるんじゃないかと思いまして、このページを作りました。

端的にいうと、 「徳島県板野郡藍住町」という人口35,000人ほどの、徳島市のベッドタウンでございます。
徳島自動車道のインターチェンジがあります。農地と宅地の線引きができていなくて、農地が結構簡単に宅地転用できるようになっています。そのせいで、住宅がどんどん増えたし、それにともなって病院、コンビニをはじめ大型商業施設もできました。家電量販店も数社まとまってあります。
まあ日本全国どこにでもあるような郊外の町でしょうか。

ひとつ特徴的なのは、商業施設と宅地とニンジンのハウスが入り乱れて混在している風景です。しかも、この3つとも増えて行っています。
徳島大学の教授だったと思いますが、こういうパターンはとてもめずらしいとおっしゃっていました。
たぶん、消毒作業とかがハウスの中でできるので、近隣にほとんど迷惑がかからないから成り立つのだと思います。

企業では、個人的になじみのあるところをピックアップいたしますと、かねこ味噌さん、ヤマク味噌さん、自動車部品のジェイテクトさん、スリッパのエトワールさん(実は私5年間ほどここで働かせていただいておりました)などがあります。

若い方が暮らすのにはたぶん理想的なまちではないかと思います。
ただ、地方の郊外の町の共通点だと思いますが、交通機関が充実していないので自動車とかがないとけっこう不便かもしれません。

 

 

Copyright (c) 2002 Junichiro GOTO All Rights Reserved.